気になるいぼは治療していこう【美容外科ではレーザーが主流】

主にレーザーが用いられる

女医

取り放題料金もある

ほくろやシミに見える場合もある良性腫瘍に、老人性いぼがあります。医学的には脂漏性角化症などと呼ばれており、現れる原因は皮膚の老化現象です。紫外線の影響で現れるシミの老人性色素斑とほぼ同じ細胞となっており、違いは盛り上がりがあるか否かで、わずかでも盛り上がっていればいぼに分類されます。盛り上がりが大きくなるにつれて色も濃くなっていく場合が多く、見た目はまるでほくろです。ほくろとは細胞が違いますが、治療方法はほとんど変わりません。ほくろのように大きく盛り上がっている場合は、切除法が選択されることが多いです。大きめに切開して細胞を綺麗に取り除いたら縫合し、1週間後くらいに抜糸します。美容外科や形成外科では、体に吸収される縫合糸を使って皮膚の深い部分を縫う真皮縫合が行われるのが一般的です。この縫合法によって、手術跡が残るリスクを軽減できます。また、皮膚ガンの可能性が否定できないときは、切開法で組織を取って検査に出すのが賢明です。それほど大きくないいぼの治療では、炭酸ガスレーザーやエルビウムヤグレーザー、電気焼灼などの方法が取られます。美容外科ではレーザーが主流となっていて、炭酸ガスレーザーより新しい機器であるエルビウムヤグレーザーの方が瘢痕は残りにくいとされています。良性腫瘍となるいぼは自費診療になるので、費用面で躊躇してしまう人もいます。しかし、年齢を重ねるごとに皮膚には様々な腫瘍が出てきて、大きくなったり突出してきたりと存在感を増してきます。そのため、早めの治療を推奨する専門家は多いです。脂漏性角化症と老人性色素斑の細胞はほぼ変わらないものの、深いところにまで色素が存在することもある老人性色素斑の場合は、何度も治療を繰り返さなければ除去しきれない可能性があります。一方、脂漏性角化症は表皮に存在する腫瘍なので除去は浅い部分を削るだけで良く、大抵一度で除去できます。自費診療の費用は、クリニックによってピンきりです。いぼ治療の費用に関しては、取り放題のような一律料金を設定しているクリニックもあるので、自費診療の中では良心的な費用で利用できる治療と言えるでしょう。主流となっているレーザー治療で細胞を取ると皮膚に穴が開くことになるため、除去後1週間くらいはテープを貼って生活する必要があります。テープは再生したばかりの皮膚に刺激となる紫外線を当てないためにも役立ちます。気になっても指示通りに貼って過ごすことが大切です。何箇所も除去した場合は顔中テープだらけになる可能性があるので、注意が必要です。