気になるいぼは治療していこう【美容外科ではレーザーが主流】

綺麗になって自信をつける

顔に触れる女性

個数や大きさで料金が違う

「体の目立つ部位にできた、いぼをどうにかしたい」という悩みを抱える人は、まずは信頼できる美容皮膚科などに相談することがおすすめです。いぼにはいくつかの種類があり、原因となるウイルスやできた箇所、大きさによって治療方法が異なってきます。例えば、顔などの目立つ部分にある場合は、傷跡や縫合跡が重要になってくるため、処置後の処理を重視して病院を選ぶことが大切です。診察を申し込むと、最初にいぼの種類や全体の散らばり具合などが細かくチェックされて、治療方法が提案されます。一般的な皮膚科で多いのが液体窒素を用いて冷却除去する方法ですが、場合によってはレーザーで焼き切ったり、メスで完全に除去したりする方法がすすめられます。特に、「一気に顔の中心にあるいぼを取りたい」など、見た目を気にする人は、レーザーやメスなどで完全に除去して綺麗に縫合する方が得策です。気になる部分や仕上がりについて要望がある人は、手術を行う前によく医師と話し合って治療法を決めることが大切です。また、手術を申し込む際は、料金の確認やお得な病院の会員制度などを説明を受ける場合がほとんどで、いぼの個数を考慮しながら今後の治療方法を決めていきます。病院によって一度に除去できる個数や大きさが異なってくるため、よく説明を聞いて一番効率の良い方法を選ぶことが大切です。いぼは多発や再発しやすい出来物と言われているため、除去する際は今後のことを考えて治療内容を選ぶことが重要です。小児でもできやすい「水いぼ」などは、受診当日に液体窒素で焼き切ったり、ピンセットでつまんで取り除いたりする方法が一般的です。また、内服薬や漢方を用いて、薬で免疫力を上げて体の根本から変えようとする病院もあります。もちろん、小児や老人などは、免疫力の低下が原因でいぼが発生することも考えられるため、免疫療法の効果も期待できるでしょう。しかし、顔の目立つ場所にあるものや大きいものは、レーザーやメスで完全に除去することで、傷跡が目立たず一気に綺麗になることができます。また、ウイルスが他の場所に移って多発するケースが多いものですが、完全に焼き切ったり除去したりすることで再発の防止にもつながります。いぼ治療をすることで、顔の印象が大きく変わり、自信を持って笑顔で人と話すことができたという人もたくさんいます。例えば、婚活中の人や就職活動中の人など、第一印象を良くしたい人は、気になる部分を綺麗にして、晴れやかな表情を振りまくことが大切です。自分に自信をつけるためにも、顔などの目立つ部分のコンプレックスを除去して、明るい笑顔で人と接することをおすすめします。